ヨガの効果を高める呼吸法

人間は特に意識せずに毎日何気なく行っている呼吸。

しかしヨガを行ううえでは呼吸法はかなり重要なポイントになるものです。もともとは修行法として行われていたヨガですが、現在は肉体と精神を一体化させて自分の体をコントロールすることができる方法として世界中で多くの人々に支持されているエクササイズのひとつです。海外セレブによって人気が広まったとも言われ、現在では伝統的な動きに加えて筋力を強化する要素を取り入れたフィットネスに近いようなものから、ポーズを連続的に行うもの、ひとつのポーズをとったら停止して瞑想を行うものなど、さまざまな種類が行われています。

世界的なブームが起こってから現在に至るまでさまざまな形で注目を集めている存在です。日本でも若い年代からシニア層まで男女を問わず高い人気があり、スポーツジムのヨガ教室はどこも一杯だといわれるくらいです。ヨガを行ううえで重要なポイントになる呼吸法は、腹式呼吸で深く呼吸することで血行が良くなり、体の隅々にまで栄養が行き渡るようになります。

そして老廃物が体外に排出されたり、深いリラックス効果によって自分の内面をじっくりと観察することができるようになります。続けていくうちに様々なポーズを深い呼吸と共に行うことで、効果がより高まるのを感じることができるようになります。激しい動きで心拍数があがるエクササイズとは異なり、ヨガウェアを着てゆったりとした動きで深い呼吸と共に行うヨガは、血行がよくなることでじっくりと汗をかき、心と体をリラックスさせる効果が得られるのが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *