ヨガでの効果的な健康法

世間では健康ブームに終わりの兆候が見られません。

簡単に、効率よくできる方法の一つにヨガがあります。ヨガとは、普通の体操や筋トレと違い、呼吸に重きを置いて実践する体操のことです。身体をゆっくりと呼吸に合わせて動かし、血行を良くして身体をスムーズにさせるという効果があります。では、何故そもそも他の体操や筋トレと違い、ヨガが効果的なのでしょうか。人間は本能レベルで健康を維持しようとします。

寒い場所に行くと、身体が震えます。なぜ震えるのかというと、身体を少しでも動かして、血の流れるスピードを上げ、体温を上げるためです。つまり、恒常性を維持しようとする機能があります。これを恒常性維持機能と呼びます。この機能が弱っている時、身体は震えませんし、汗もかきません。ヨガでは呼吸をゆっくりと行い、なおかつ身体もゆっくりと動かすため、激しい動作をしません。

激しい動作は、身体に大きな負担をかけます。恒常性維持機能にエネルギーを沢山使われるため、精神面ではなかなか元気にならないのが一般です。ですが、ヨガはあまり激しい動作をしないため、身体に優しく、エネルギーを精神向上の為に使われます。健康を維持するためには、体操や筋トレもいいのですが、あまり行わないようにすることが賢明です。なぜかというと、前述しましたように、恒常性維持機能にエネルギーをほとんど持っていかれるからです。健康を考える上で、精神の向上にも目を離せません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *