ヨガウェア選ぶときは、動きやすさと素材も重視

ヨガを始めるとき、意外に悩むのがウェアです。

ヨガは大きく足を開いたり、様々なポーズを取るため何よりも動きやすさが重要です。自宅なら手持ちのTシャツやホットパンツでも大丈夫、捲れてお腹が見えても問題ないでしょう。しかし、ヨガ教室やセミナーに通うとなれば、お腹や胸が丸見えでは恥ずかしい思いをしてしまいます。またウェア選びで失敗すると動きづらかったり、汗でベタベタして快適なヨガができないのです。

ヨガウェアには身体にフィットする伸縮性に優れた服装と、体型がカバーできるゆったりした服装があるので好みのタイプからを選ぶことをお勧めします。タンクトップなどのシンプルなトップスと、伸縮性がある素材のレギンスなどを組み合わせた身体にぴったりした服装は、動きやすくポーズがチェックしやすいメリットがあります。レギンスやタイツはカラフルなデザインも多く、お洒落の幅も広いのです。しかし、身体のラインが強調されるため、初心者の方は恥ずかしく感じてしまう方もいるでしょう。ヨガウェアのTシャツやワンピース、ハーフパンツなどのゆとりがあるボトムスの組み合わせは身体のラインが隠せるメリットがあります。

Tシャツを着用するならブラカップ付きか、ずれないスポーツブラを着用しましょう。通常のブラジャーでは上半身を大きく捻ると、ずれたり動きにくいのです。お尻や太腿をカバーするならサムエルパンツもお勧め、ストレスなく動けます。体型全体をカバーしたい方には、トップスとボトムスがつながったタイプもあります。ゆったりしたシルエットで動きやすいので、ヨガウェア選びで悩んだ方にはお勧めです。そしてヨガに合わせた素材を選ぶことも大切です。パワーヨガやホットヨガは大量に汗をかくので、通気性や速乾性など素材選びが重要になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *